後ろめたい気持ちになるマイナスイメージが強い

やはり、時代がかわろうとタレントを起用してイメージを改善しようとも、消費者金融はいわゆるサラ金にあるとに変わりなく、非常にイメージが悪いと思います。

お金を計画的に気軽に借りるとういうこと自体が、まず大きな間違いですし、計画的に利用を呼びかけること自体ナンセンスです。そもそも計画的にお金をコントロールできる人がサラ金でお金をかりることなどありえないです。

銀行系とは異なり、なにも高い金利で借りなければならないサラ金は、なにかワケありの人だとイメージされるようで、マイナスのイメージがあります。もちろん、マスコミを活用してイメージアップ作戦を展開はしていますが、まずサラ金をりようしている人はごくひとにぎりかと思います。金利が高い、借りにくい、取立てが厳しそう。などイメージでプラスを連想するものはあまりなく、簡単に融資しそうなイメージもありますから、逆に怖い営業戦略に感じてしまいます。

一度まとまったお金の融資を受ければ、まちがいなく金利が高いので負担になる可能性も大きいため、不安の方が大きそうです。同時に一般的な銀行から借りることでも気が重いのに、サラ金では金利も高いので、返済してもまたすぐ借りてしまうような負のサイクルが待ち受けているような感覚になりそうです。やはりお金をかりるような重要で重みのあることを、いとも簡単に審査して借りること自体に、おおきなリスクがあるように思えます。

イメージが悪い以上はどのようなサービス内容だとしても、金利が高いのは致命的です。高額借りればかりるだけ返済しにくいように思います。サラ金のPRは、簡単に借りれることをPRしているもので、もしろ目先のいいイメージを提供しようとしていますが、なかなか簡単によくなるものでは決してありません。

このようなイメージを消費者金融に対して持っている私は絶対に利用はしなくないし、しないと決めています。私の友人は専業主婦をしているのですが、たまにお金を借りていると言っていました。(レイク主婦

私からすれば、専業主婦でお金に困って借金をするくらいなのであれば、働きに出ればいいし、もし子供が小さくて働きに出ることができないのであれば内職だって選ばなければある。なにもしないでお金がないから借りるっていうこと自体理解できません。とことんまでやってそれでもっていうときは仕方のないことかもしれませんが、ただ甘えているだけにしか私には思えないですね。

 

Leave a Reply